しみ・そばかす・毛穴・黒ずみ・ くすみ・乾燥・しわ など年齢による肌トラブルに悩む女性に役に立つ情報

アンチエイジング美容液オゾンリキッドクリームで自宅でオゾン治療

オゾン治療って知っていますか?
オゾン治療は、最近、美容クリニックでもエイジングケアのための血液クレンジング、肌ケアのためのオゾンピーリングなどの治療で注目を集めている治療です。

その他、医療現場でも火傷や床ずれなどの皮膚の治療のためにもオゾンが使われています。

 

そんなオゾン治療が、クリニックに行かなくても自宅で簡単にできたら良いのにと思いませんか?

そう思って、オゾンの化粧品がないかと探してみたらありました。

「肌トラブルの方に笑顔を」コンセプトに薬剤師さんが作ったオゾン保湿クリーム【オゾンリキッドクリーム】です。

オゾンは、ヒアルロン酸の生成を助けることで芯から潤い、肌のターンオーバーを整えてくれます。

ozonc1

【オゾンリキッドクリーム】
【全成分】
水、オゾン化グリセリン、BG、ペンチレングリコール、ソルビトール、
グリセリン、アルギン酸Na、水酸化K、クインスシードエキス、(アクリレーツ/
アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

 

ozonc2

クリームというからには、こってりした乳白色を想像していましたが、そこはリキッドとついているため、サラサラの透明なテクスチャーです。

ウォーターベースなのでべたつきませんが、しっかり保湿してくれます。

ozonc3

特許技術でオゾンを閉じ込めたオゾン化粧品 オゾンリキッドクリーム

クリニックなどで皮膚ケアに使用されているオゾンを水に溶かしたオゾン水は、皮膚の洗浄・美白・保湿などの効果が期待できますが、オゾン分子(O3)は、きわめて反応性の高い物質のため時間とともに安定した酸素(O2)に戻ろうとする性質をもっています。

なので、すぐ水から抜けてしまいます。

そのため、肌につけて長時間効果を発揮しなければならない化粧品への利用は難しいとされていました。

ですが、ヴァージンメディカルのオゾン化粧品は、特許技術によって、植物性グリセリンにオゾンを閉じこめてオゾンシグナルを長時間、最大限発揮させることができました。

オゾンが表皮に到達すると「オゾンシグナル」が出て、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を助けるとされています。

また、メラニン色素が滞留した古い細胞の排出を促し、美白も期待できます。

オゾン化粧品オゾンリキッドクリームは、クリニックでの使用実績もあり、傷んだ肌にも安心して使えます

 

≪オゾンリキッドクリームこんな人におすすめ≫

  • 年齢肌に悩む方
  • 乾燥肌や敏感肌で積極的なお肌のお手入れができなかった方
  • アトピーなどの肌トラブルを抱えている方



オゾンって何?オゾンは実は身近な存在

オゾン(O3)とは、酸素(O2)にもう1つの酸素(O)の原子が結合した気体です。
オゾンはなんだかわからなくても、「オゾン層」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

オゾンは地球を包むように層を作って、地球に住む生命を有害な紫外線をから守り、皮膚癌などの発生を防いでくれます。
そんなオゾンは、かねてから洗浄や漂白において、安全性・環境へのやさしさが注目されていて、私たちの日常生活に存在しています。

オゾンは大気中に自然に存在し、大気を自浄する働き(脱臭・除菌)をしています。
オゾンは基本的に目で確認できませんが、臭いとして確認することができます。
森林などの爽やかな空気には、オゾンが含まれているのです。

オゾン分子(O3)は、きわめて反応性の高い物質であり、時間とともに安定した酸素(O2)に戻ろうとする性質をもっているため、
反応後は残留毒性を残さないきわめて安全な物質です。

なので、オゾンは脱臭、除菌に使われることが多く、水道水の浄化、食品の洗浄、洗濯機や冷蔵庫での利用、ペットのシャワー
介護現場などで利用されています。

さらに、クリニックなどでもオゾン療法として血液クレンジングやアンチエイジング、歯周病や皮膚の治療などに関するケアに利用されています。