しみ・そばかす・毛穴・黒ずみ・ くすみ・乾燥・しわ など年齢による肌トラブルに悩む女性に役に立つ情報

痩せるホルモン分泌促進サバ缶のEPA含有量

diet01

たけしの家庭の医学では痩せるホルモンとしてGLP-1を紹介されていました。

この痩せるホルモン「GLP-1」を分泌させるサプリメントがあったら苦労してダイエットしなくても痩せられると思った人も多いはずです。
私も、体内の「GLP-1」を増やすのサプリがないか調べてしまいました。

残念ながら、まだ「GLP-1」のサプリは販売されていません。
じゃあ、GLP-1を知ったところでなんの意味もないじゃない!って思ったのですが・・・

でも、ちょっと待って!
そのホルモンGLP-1の分泌を促進させるサプリはないけれど、食べ物ならあるんです。

「食物繊維」と「EPA」を一緒に摂ることで、痩せるホルモンGLP-1の分泌を促進させるということで「EPA」を含む食材として番組内で「サバ缶」を紹介していました。

番組では、GLP-1が多く分泌されている試験者の女性は、特にダイエットをしたことがないとういのに痩せていました。
しかも、GLP-1の分泌量は通常の4倍もあったんす。

GLP-1の分泌量が多い人の日常の食事シーンもあったんですが、GLP-1の分泌が少ない試験者の女性に比べて少ないわけでもなく、どちらかといえば痩せているわりには結構しっかり食べてるなぁ~といった印象です。

では、痩せるためにサバ缶を毎日1缶食べるとしたら、EPAはどれくらい摂取できるのでしょうか?
サバの水煮缶は、メーカーによってカロリーや栄養素の容量に多少のばらつきがあります。

一例として、マルハのさば水煮月花は1缶が200gでカロリーは414kcal
1缶当たりEPAが1,872mg DHAが2,636mg(推定値)

となってます。

『マルハのさば水煮月花』は厳選した脂ののった国産さばを使用し、原料にこだわった本物志向&こだわりのプレミアブランド缶詰だそうです。
脂がのってるからでしょうかカロリーも通常のものよりちょっと高めなのかな?

まあ、サバ缶を1日1缶食べれば、厚生労働省が国民の健康維持などを目的とした基準の中で推奨している、「DHAおよびEPAの目標摂取量を1日1g以上が望ましい」というのを十分クリアできますね。

でも、ダイエット中の成人女性の食事を一日1500kcal前後と考えると食事のうちの1/4~1/3をサバ缶が占めるってのはちょっと抵抗があるのではないでしょうか?
それに、今までもあまり魚を食べていない人にとって、ダイエットのためにといって、他の食事を我慢して、毎日サバ缶を食べるのって難しいですよね。

また、外食が多い人は、いつもサバ缶持ち込みして食べるってわけにもいきません。

ダイエットのためならサバ缶よりもサプリでEPA

なので、EPAを毎日摂るにはサプリメントがお手軽で良さそうです。
EPAサプリとうたっていてもEPAの含有量が多いものはなかなかないのです。

いろいろ探してみても、DHAの配合量が多いものが多いサプリメントが多いのですが、このEPAサプリは含有量がダントツに多いです。



1回分が個包装になっているので、持ち歩きにも便利です。

EPAの含有量で選ぶなら
青魚のEPAを濃縮したサプリメント
↓ ↓ ↓